WHO方式がん疼痛治療法

WHO方式がん疼痛治療法

WHO方式がん疼痛治療法

WHO方式がん疼痛治療法は1986年に発表されました。
現在では、がんの痛みの治療法あるいは、痛みの緩和法として世界中で実践されています。

 

従来の疼痛治療法というものは、ほとんど末期がんの患者さんを対象にしていましたが、
WHO方式では、早期の段階から、がんそのものの治療と平行しながら患者の立場に立ち、痛みがあればそれを緩和させていくというものです。

 

わが国日本でもこのWHO方式がん疼痛治療法の有効性は確認されています。
なんと90%以上のがんの痛みに苦しむ患者さんの苦痛や痛みが消えたり、痛みが緩和されています。


>>薬学関連用語集トップへ


ファルマスタッフ

完全無料の理由

Q&A

裏技

体験者の声

専門家の声

転職を成功させるために


ホーム RSS購読 サイトマップ
完全無料? Q&A 体験者の声 専門家の声 薬剤師転職の裏技 転職成功のコツ