R幅

R幅 | 薬剤師のための薬学用語集

R幅

R幅とは、市場実勢価格加重平均値調整幅方式のことをいいます。
うーん。難しいですね!

 

例えば、同じ薬剤だとしても製薬会社によっては同じ薬剤、同じ効き目でも価格が異なってしまいます。
現在の診療報酬制度では、この同じ効き目の薬剤の平均値を割り出して診療報酬としています。

 

しかし、平均値より安く薬剤を購入した場合は利益が出て、平均値より高く薬剤を購入した場合は損失が出てしまいますよね!
その場合の損失補てん分として平均価格に調整幅として上乗せできる率(現在2%)を設定して診療報酬としています。
この上乗せ幅をR幅と呼んでいます。


>>薬学関連用語集トップへ


ファルマスタッフ

完全無料の理由

Q&A

裏技

体験者の声

専門家の声

転職を成功させるために


ホーム RSS購読 サイトマップ
完全無料? Q&A 体験者の声 専門家の声 薬剤師転職の裏技 転職成功のコツ