cAMP サイクリックAMP

cAMPとは | 薬剤師のための薬学用語集

cAMPとは

cAMPとは、
サイクリックAMP(環状アデノシン一リン酸、3'-5'-アデノシン一リン酸)
アデノシン三リン酸 (ATP) から合成され、
主な作用は、タンパク質リン酸化酵素(プロテインキナーゼ)の活性化して、
Ca2+の通過を調節する事に使われます。
グリコーゲンのグルコースへの分解や脂肪分解などをコントロールし、
ヒスタミン遊離の抑制や血小板凝集の抑制やインスリン分泌促進などの働きがあります。


>>薬学関連用語集トップへ


ファルマスタッフ

完全無料の理由

Q&A

裏技

体験者の声

専門家の声

転職を成功させるために


ホーム RSS購読 サイトマップ
完全無料? Q&A 体験者の声 専門家の声 薬剤師転職の裏技 転職成功のコツ