Zollinger-Ellison症候群とは

Zollinger-Ellison症候群 | 薬剤師のための薬学用語集

Zollinger-Ellison症候群とは

Zollinger-Ellison(ゾリンジャー・エリソン)症候群とは

 

膵臓にあるランゲルハンス島の非β細胞に腫瘍が発生し、
ガストリンの異常分泌を起こす難病で、別名“ガストリノーマ”とも呼ばれています。
“ガストリン”というホルモンは、
通常胃の幽門部(出口)から十二指腸へつながる部分と十二指腸粘膜の中のから分泌され、
胃酸の分泌を促進します。
分泌された胃酸には、ガストリンの分泌を抑制するという作用があるので、

 

このバランスによって、胃酸の量が適切に調整されています。

 

しかし、非β細胞の腫瘍によってガストリンが異常に分泌されると、
胃酸過多になり、胃や十二指腸に消化性潰瘍ができるのです。

 

ゾリンジャー・エリソン症候群では、腫瘍は膵臓が多発部位ですが、膵臓だけでなく、十二指腸や胆管などにも腫瘍ができて、ガストリンの過剰分泌が起きます。
初めに出来る潰瘍は十二指腸が多く、下痢を起こし、血中カリウムが低下するのが特徴です。
消化性潰瘍と血中ガストリンが高値になることで見つかるケースが多い。
手術による摘出が治療の要ですが、薬物特にH2ブロッカーが有効である場合もあります。


>>薬学関連用語集トップへ


ファルマスタッフ

完全無料の理由

Q&A

裏技

体験者の声

専門家の声

転職を成功させるために


ホーム RSS購読 サイトマップ
完全無料? Q&A 体験者の声 専門家の声 薬剤師転職の裏技 転職成功のコツ