薬剤師の将来

薬剤師の将来

薬剤師の将来

薬剤師将来

厚生労働省が薬剤師の将来の予測をし、

薬剤師の需要は数年で飽和との見解を示しました。


これによって2006年に大学の薬学部が
4年制から6年制に移行した年の受験者が減りました。
当然、入学者も減り、医学部・獣医学部・農学部・理学部に流れたようです。


2006年から6年経過した今年2012年。
2010年と2011年は新卒の薬剤師がいない年でした。


この2012年は3年ぶりに新卒の薬剤師が帰ってきました。


するとどうでしょう!まるで薬剤師バブルのように新卒への求人が…。
高収入&高待遇で薬学部の学生を勧誘し始めました。


薬科大学などには毎日のようにドラッグストアの採用担当者が相談に押しかけていたようです。
新卒だけではありませんでした。


店舗の拡大を全国で続けるドラッグストアや調剤薬局などの大手チェーンでのパートの時給なども、
なんと2倍に跳ね上って薬剤師の需要は年々増加の一途の模様で、実は将来性抜群なんです。


将来を見据えたポイント

完全無料で薬剤師の非公開求人を紹介してもらい年収アップ!

薬剤師には明るい将来が待っているのです。

実は厚生労働省の薬剤師の将来の予測に反して、需給のギャップは拡大路線を歩んでいます。
病院の薬剤師も人手不足で、病院VSドラッグストアという人材獲得合戦が巻き起こっています。


薬剤師の平均月給は30代の後半で35万円程度だそうです。


実は学生に人気なのは、病院など医療機関なのです。
最初は(研修生)収入がほとんど無くても応募が殺到しているようです。
志が高いのでしょう!


そんな中、人材獲得に苦しんでいるのが、調剤薬局や地方のドラッグストアなのです。
将来の人材獲得に大手チェーンドラッグストアなどがしのぎを削っています。


ここ数年は、薬剤師バブルが続きそうですね!つまり将来性抜群の職種なのですよ。
専門薬剤師という認定制度も始まって、薬剤師の専門性の需要は増しています。


薬剤師資格は生涯安定的と言って良い資格の一つでしょう。
ただ、生涯安定的といっても、現行法や現在の経済やマーケットの中での話で、法律なども変われば、当然変化が生じてきます。


薬剤師に関して言えば、世の中が変化していく中で、その重要度は増すばかりと考えています。


薬剤師法が改正され、実務実習や病院実習も引き伸ばされ、教育、研修、または薬剤師向けのセミナー、
学術大会なども活発になってきましたし、専門性を要するチーム医療の役割も重要になってきました。


職場環境としては、門前薬局、調剤薬局はもちろん、ドラッグストアの台頭、超高齢化社会を向かえ、老人保健施設の増設など。
薬剤師の将来にとって、明るい話題ばかりではありませんか?


それなのに、以前ネットの書き込みで、超高齢化社会になって益々需要が高まり、年収もアップしてきた時代なのに、「薬剤師を辞めたい」というものを目にしました。


元々の志望動機は何だったの?


普通の人が働きたくても働けない専門職ですので、がんばっていただきたいと、心より応援しています。


病院に転職するもよし、製薬会社に転職するもよし。
各サイトの非公開求人を吟味してみてくださいね!

薬剤師の将来 | 薬剤師転職の基礎知識記事一覧

薬ネット販売で薬剤師の将来は

安倍晋三首相がぶち上げましたね!アベノミクスが目指す「規制改革」の目玉として、将来「全面解禁を目指す」と、事実上薬のネット販売の解禁を明言しました。インターネット上での取引を促進して、消費者が手軽に購入できるように販売ルールを整備するとのことです。ネット販売業者は大賛成。特にケンコーコム、ウェルネッ...

≫続きを読む

 

完全無料の理由

Q&A

裏技

体験者の声

専門家の声

転職を成功させるために


ホーム RSS購読 サイトマップ
完全無料? Q&A 体験者の声 専門家の声 薬剤師転職の裏技 転職成功のコツ