薬剤師の資格

薬剤師の資格

薬剤師になるには

薬剤師になるには

薬剤師の資格・免許は、国家資格です。

医師・歯科医師・獣医師・看護師など医療職種と同様の国家資格なのです。


薬剤師の免許を取得するには、
まずは大学の薬学部や薬科大学で6年間
学ぶことが必要です。


海外に目を移しても、薬剤師の教育課程は
6年くらいです。
6年制課程では病院実習などの期間が1ヶ月だったものが、半年程度の薬局病院実務研修が必修化されました。


わが国日本では高齢化が進み、薬剤師に求められる知識や経験がより高いレベルのものになり、先進国の中で、少々遅れている薬剤師の教育を充実させて、より高レベルな医療を実現しようという取り組みです。
でもこちらも海外に目を向けると、
アメリカの薬剤師もイギリスの薬剤師も実務研修は1年間にも及びます。


今後日本でも実務研修期間が延びて、だんだん狭き門になる業種のひとつとなるでしょう。


それにしても、学生には6年間に及ぶ勉強、その家族には経済的な負担などがプレッシャーとなりますね!


薬剤師の資格を生かすポイント

完全無料で薬剤師が年収アップする非公開求人を紹介してもらおう!

薬剤師になるには コラム

薬剤師になるには、大学の薬学部や薬科大学で6年間学ぶこと。
半年程度の薬局病院実務研修を経て、薬剤師国家資格に合格することが必要です。


そうしてやっと取った資格も、現在、薬剤師法で2年ごとに薬剤師届出が義務づけられています。


現在届出のある薬剤師は276,500人で、その内訳は、薬局145,600人、病院・診療所52,000人、医薬品関係企業47,200人、その他31,700人となっています。
人口10万人に対して薬剤師数は215.9人


多いか少ないか・・・。私は少ないと思いますよ!


薬剤師になるには、狭き門をくぐりぬけてたどり着けるものなので、その専門性を生かしていただきたいものです。
近年、薬剤師の年収もアップしてきています。


薬学という学問を身に着けてきた薬剤師の活躍の場には将来性があります。
将来を不安に感じている方もおられるようですが、薬の入手先が多様化していけばいくほど、その存在感が大切になっていくと思います。


多様化している現在の薬剤師の需要は増すばかりです。
是非、求人を良くご覧になって理想の職場に転職成功させてください。

完全無料の理由

Q&A

裏技

体験者の声

専門家の声

転職を成功させるために


ホーム RSS購読 サイトマップ
完全無料? Q&A 体験者の声 専門家の声 薬剤師転職の裏技 転職成功のコツ