薬剤師 新卒採用 薬剤師 転職

薬剤師の新卒採用と転職の違い

薬剤師の新卒採用と転職の違いは?

薬剤師の新卒採用と転職

薬剤師が転職で成功を収めるには、どうしたら良いでしょう?

まずは、新卒時の就職活動とは全く違うということを念頭においておくべきです。
薬剤師の新卒採用では、現在大手ドラッグストアチェーンなどが力を入れているようです。


毎年、会社説明会や薬剤師向けのセミナーなどを積極的に行っています。
企業にとっては、将来有望な若手薬剤師を確保するために、
これ以上ない”くらい丁寧に説明をします。


一方、薬剤師の転職の場合はというと…。

 

ほとんど転職向けの説明会など行っていませんよね!
一部の企業が転職フェアなどで行っている程度です。


つまり、転職の場合、自分自身で求人情報を調べ、応募しなくてはならないのです。


面倒くさいですが、転職は年収アップのための手段です!
その面倒な作業は、薬剤師専任のコンサルタントに全てお任せしましょう!


転職のポイント

転職成功のために非公開求人を完全無料で紹介してもらおう!

薬剤師の新卒採用と転職の違い コラム

薬剤師の場合、一般的な仕事よりも新卒と転職の有利不利は少ないですね。
どちらも薬剤師という国家資格を有したスペシャリストとして魅力的な人材なのです。


しかし、新卒採用と転職では採用担当者の見る目は明らかに違います。
新卒採用の場合は『熱意』『やる気』『志』など将来に期待して育てることを前提に採用します。


転職の場合、『熱意』『やる気』だけでは採用されないでしょう。
やはり、社会人として、薬剤師としての経験や、『自分は即戦力として優れているんだ』
ということをしっかりとアピールしなくてはなりません。


新卒採用された場合、内定をとってから半年くらいは薬学生として生活している間、
ビジネスのマナーや社会人としての心得などを学ぶ研修を実施する企業もあります。
育てる前提ですから・・・。


転職の場合は、社会人ということを前提に採用されますので、せいぜい配属部署や職場の説明くらいでしよう。
ですから転職の場合は、主体性をもって取り組むことが大切なのです。


ただ、このサイトで紹介しているランキングの薬剤師専門の転職・求人サイトならば心配することはありません。
すべてを転職成功のために専任コンサルタントがサポートしてくれます。


もし、薬剤師として新卒採用で就職して思うような職場ではなかったというあなた!
今度は転職という選択肢がありますよ!


薬剤師という職業はある種特殊な専門職です。
転職を繰り返し、理想の職場を見つける選択肢もあると思いますよ!

完全無料の理由

Q&A

裏技

体験者の声

専門家の声

転職を成功させるために

薬剤師の新卒採用と転職の違い関連ページ

転職先探し
薬剤師が転職先探しをする上で、心得ておきたいことがあります。それは、転職の理由を曖昧なままにしておかないで、目的をしっかりと明確に、将来的ビジョンを持つことが大切です。
求人情報の見方
薬剤師転職にあたり、求人情報の見方は大切です。様々な媒体の求人情報がありますが、各求人情報にもメリット・デメリットが存在します。
年齢別転職
薬剤師は他の業種と違い、年齢による転職の有利不利はほとんどありません。しかし、年齢によって採用者側の見る目は違ってきます。
アルバイトから正社員へ
薬剤師としてアルバイトやパートをしていて、時間の余裕ができたので正社員になりたいとしても、薬剤師専門の転職支援サイトは役に立ちます。
休職中の再就職
ブランクは心配要りませんよ!薬剤師のあなたが結婚、出産など休職中の再就職でも、求人は多数ありますので薬剤師の資格を生かして働きたい人は薬剤師求人サイトを利用すると良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
完全無料? Q&A 体験者の声 専門家の声 薬剤師転職の裏技 転職成功のコツ