薬剤師 年齢別 転職

薬剤師の年齢別転職

薬剤師の年齢別転職の違い

薬剤師の年齢別転職

薬剤師は現在、20代から70代までの年齢の方が働いています。

薬剤師の資格に年齢は関係ないのですが、やはり20代の若いうちから資格を持っていたほうが将来的に有利です。


しかし、現在薬剤師不足により30代、40代で薬剤師になる方もいるようです。


30代、40代で薬剤師になるには、並大抵の決意と努力がないと薬剤師にはなれないことでしょう。
6年間の学費も軽く1000万〜1300万円かかります。
頭が下がる思いです。正直これはおすすめはできませんね。


ただ薬剤師の場合年齢別で転職に有利な年齢というのは特にないように思います。
採用者側の見解の違いはあるでしょうが、私の知っている例では60代の方が転職して年収20%アップした人もいますよ!


年齢に応じた転職のポイント

転職に年齢は関係ない!非公開求人を完全無料で紹介してもらおう!

薬剤師の年齢別転職の違い コラム

20代で転職となると、前職を短期間で退職したということになりますね。
採用担当者は、「また短期間でやめてしまうのでは?」と考えます。
そこで、採用担当者に対して「前職での経験がこの転職によって生かされる」
ということを若さと熱意を持ってアピールしてはいかがでしょうか?(年収350万円〜450万円)


30代での転職は、「即戦力として実力を発揮できるか」ということと、
薬剤師の場合30代での転職となると、早い段階の転職と捉えられます。
20代ほどではないものの、前職での経験が生かされるための転職希望ということをアピールすることが大切です。
(年収500万円〜650万円)


40代での転職は、通常の職業の場合、永年の不況によって雇用情勢は悪化しているため(2013年現在)
転職したくてもできない40代の方たちが多いはずです。
この点、薬剤師という職種は40代でも比較的簡単に転職が可能です。
ただし、40代〜50代前半というのが薬剤師としては年収も最もいい時期です。(年収650万円〜720万円)
理想とする職場に転職することよって、今までの年収より一時的でもダウンすることが無いよう待遇面に注意を払う必要があります。
基本的には前職では今までの実績に応じた年収であったのに対して、転職先では、転職後に実績を新たに構築していくことによって年収はアップしていくものです。
最初から年収アップが見込めるようであれば言うことはありませんが、すべては年収(お金)だけではなく、他の待遇面も見つめてみると良いでしょう。


薬剤師という職種は転職市場の中で勝ち組です。
おおいに自分に適した求人情報を吟味して人生設計に役立てていただきたいものです。

完全無料の理由

Q&A

裏技

体験者の声

専門家の声

転職を成功させるために

薬剤師の年齢別転職関連ページ

転職先探し
薬剤師が転職先探しをする上で、心得ておきたいことがあります。それは、転職の理由を曖昧なままにしておかないで、目的をしっかりと明確に、将来的ビジョンを持つことが大切です。
求人情報の見方
薬剤師転職にあたり、求人情報の見方は大切です。様々な媒体の求人情報がありますが、各求人情報にもメリット・デメリットが存在します。
新卒採用と転職の違い
薬剤師の新卒採用と転職の場合、どこが違うのでしょう?また採用担当者は新卒採用と転職をどう区別しているのでしょう。
アルバイトから正社員へ
薬剤師としてアルバイトやパートをしていて、時間の余裕ができたので正社員になりたいとしても、薬剤師専門の転職支援サイトは役に立ちます。
休職中の再就職
ブランクは心配要りませんよ!薬剤師のあなたが結婚、出産など休職中の再就職でも、求人は多数ありますので薬剤師の資格を生かして働きたい人は薬剤師求人サイトを利用すると良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
完全無料? Q&A 体験者の声 専門家の声 薬剤師転職の裏技 転職成功のコツ