アマゾンも薬品のインターネット販売を始めました

アマゾンが薬のネット販売を開始

アマゾンが第2、第3類薬のネット販売を開始 2013.9.25

インターネット通販を展開している最大手、アマゾンジャパンが、
ついに一般用医薬品の販売を開始しましたね。


これで、薬のネット販売はインターネット通販で競争が激化しそうです。
アマゾンでは、副作用リスクの少ない第3類医薬品を中心にネットモールなどに出店するようです。


現在、厚生労働省では、インターネット販売の新しいルールを検討中のようですが、
アマゾンでは、第3類よりリスクがあるとされる第2類も含まれるので、
ネットモールに出店している小売業で薬剤師が対応可能な小売業者が対象としています。


アマゾンもネット販売でのポイント

薬剤師の転職サイト 完全無料です!

アマゾン 薬のネット販売を開始 コラム

大手のセブン&アイ・ホールディングスでも第3類医薬品を扱っています。
イオンなどのネットスーパーや、ヤマダ電機、ビックカメラの通販サイトなどでも、
現在、第2類医薬品を扱っています。


現在、インターネットでの薬の販売は事実上解禁状態ですが、厚生労働省の作業部会では
実店舗を持たないインターネット事業者による販売は認めないとしています。


しかし、最高裁判所の第1類、第2類を一律禁止にしている省令は無効とする判決を下したため、
ネット販売に規制はかけられません。
今後、安全確保の新ルールや、薬事法などの改正を視野に要検討事項です。


やはり、副作用リスクの比較的高いものでも、低いものでも、
薬剤師の存在意義が問われる問題ですので注視していく必要があります。
消費者も、薬剤師のいない業者から薬を買うことのリスクは承知しておくことが必要ですね!

完全無料の理由

Q&A

裏技

体験者の声

専門家の声

転職を成功させるために

アマゾンが薬のネット販売を開始 | 薬剤師の転職関連ページ

薬のインターネット販売容認へ
薬のインターネット販売を厚生労働省が容認の方向です。薬剤師の対面販売の原則は守られるのか・・・?
薬剤師不足
薬剤師は飽和状態で需要も少なくなっていると世間では言われているようですが、実は薬剤師不足で引っ張りだこなのです。
薬のネット販売規制
医薬品のネット販売規制が強化されようとしています。一般医薬品は全面解禁だったのでは?混迷を極める薬ネット販売の今後は・・・。
かかりつけ薬剤師新設
かかりつけ薬剤師とはどのようなものなのでしょう?詳しく解説いたします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
完全無料? Q&A 体験者の声 専門家の声 薬剤師転職の裏技 転職成功のコツ