薬剤師転職サイトのおすすめ

薬剤師転職サイトをおすすめする理由

薬剤師転職サイトをおすすめする理由は?

薬剤師専門転職サイトのご案内

薬剤師転職サイトに限らず、専門家という方々は、
専門的分野においては超一流です。


転職サイトの専任コンサルタントやエージェント、
コーディネーターと呼ばれる方々は、転職分野で超一流のエキスパートが揃っています。
(このサイトで紹介しているところは)


薬剤師は、とても転職率が高いと言われていますが、それもそのはず、実力があるならば、どこでも転職できる国家資格なのですから。


ただし、働きながらの転職活動となると、大変ですよね!
職務履歴書を書いたり、転職理由を考えたり、退職する時なんて言おうか・・・。


だから転職の全てをプロにゆだねてしまえばいいんです!


あとは年収アップさせるために、アドバイスどおり実行するだけ!


私は、「こんな簡単な方法があるならば、たくさんの薬剤師の方々に伝えたい」そう思いました。


薬剤師のキャリアプランとして、認定薬剤師〜専門薬剤師〜指導薬剤師と順番に目指すという選択肢もあり、その場合には転職しないで同じ病院勤務の方がよいでしょう。


私は特に、ドラッグストアや調剤薬局勤務の薬剤師の方におすすめしたいと思っています。
とにかく年収アップさせるために、非公開求人を知ってください。
ものすごく高待遇の求人、理想の転職先が眠っているのですから!

登録していて損は無い!薬剤師転職サイトランキング

薬剤師転職サイトランキング



薬剤師免許の更新制度が・・・?

現在、薬剤師の教育課程は6年、そして、薬剤師法では2年ごとに届出が義務づけられています。
もし、届出だけではなく、薬剤師免許の更新が必要になったらどうします?


大学の薬学部を卒業して、国家資格を取ったのはいいけど、いまだに仕事に就いたことがない。
つまり、せっかくの専門職なのに実務に就いたことがない薬剤師・・・。そんな方、結構いるようですね。


薬剤師の方々には関係ない話のようですが、実は、2009年より教員免許更新制が開始しました。


2009年年3月31日までに授与された教員免許状には有効期限はないが、30時間以上の更新講習を受講して各都道府県の教育委員会に申請。更新時講習の修了確認を教育委員会から受けることが義務化されたのです。


2009年4月以降の教員免許状には、なんと10年間の有効期間が付いてきてしまいました。
有効期間満了までの2年の間に、30時間以上の免許状更新講習を受講・修了し、各都道府県の教育委員会に申請。
そして有効期間を更新するということが、教員免許状には必要となってきました。


現在、日本の医師や薬剤師には、この免許の更新制度は無いというのが実情ですが・・・。


もし、更新制度が導入されたら・・・。


実務についていない人、つまりブランクのある人、そろそろ復帰するのをおすすめします。
まだ実務についていない人はそろそろ活躍してみませんか?


私からすると、ものすごくもったいないと思います。
服薬指導によってどれだけの人が救われるか。


薬剤師の将来性に不安を感じ、薬学部を卒業したのはいいけど、まったく違う職についている人も多いようですね!
研究職の方などは、免許証の交付さえ受けない人がいるらしいですが・・・。


登録販売者などの登場、薬のネット販売解禁などにより、ネットでは薬剤師不要論まで出ています。
【薬剤師の人数は過剰】になっている、【飽和状態】だ。これは全てうそですからね!
実際に、転職市場では薬剤師が引っ張りだこなんですよ!⇒引っ張りだこの理由


ブランクは仕方の無いことだと思いますが、ブランク期間があまり長くなるのはおすすめしません!


では、転職先はもちろん、年収アップ必至の非公開求人を紹介してもらい、あなたの転職を成功させてくださいね!
まずは薬剤師専門の転職サイトで詳細な転職情報を紹介してもらい、一番良いおすすめの転職先を探してみてくださいね!

 

完全無料の理由

Q&A

裏技

体験者の声

専門家の声

転職を成功させるために

ホーム RSS購読 サイトマップ
完全無料? Q&A 体験者の声 専門家の声 薬剤師転職の裏技 転職成功のコツ